石川県金沢市の婦人科は金沢メディカルステーション ヴィークへ

診療案内

金沢駅の駅ナカ クリニック 金沢メディカルステーション ヴィーク 金沢メディカルステーション ヴィーク > 診療案内 > 婦人科 > 子宮頸がん予防ワクチン

婦人科

子宮頸がん

子宮頸がんは20~30代の若い女性の発症率が高い女性特有のがんで、日本では、年間に約15,000人が発がんし、約3,500人もの方が命を落とされています。
主な原因は発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染です。
発がん性HPVの感染経路は性的接触によるもので、感染しても免疫ができにくいため、何度も感染を繰り返します。
発がん性HPVに感染しても90%は自然に排除されますが、10%は感染が持続し、持続感染者の約1%は数年~10数年後に子宮頸がんを発症すると考えられています。
子宮頸がんは初期段階ではほとんど無症状なので、早期予防・早期発見が肝心です。

予防ワクチン

予防ワクチンは子宮頸がん発症の主な原因であるHPV16型とHPV18型の感染を予防するワクチンです。
効果は20年以上持続するとみられています。
ワクチンにはHPVのDNAが含まれていませんので、ワクチンを接種してHPVに感染することはありません。

1.接種時期・スケジュール

10歳以上の女性が接種対象で、3回の接種が必要です。
1回目の接種以降、2回目の接種は1回目の接種の1ヶ月後、3回目の接種は1回目の接種の6ヶ月後に行います。
10歳以上の早い年齢への接種が推奨されていますが、20~30代やそれ以上の年代のまだ発がんされていない女性にも接種は可能で、効果は十分あるといわれています。

2.副反応・副作用

国内臨床試験成績によると、注射部位の副反応は疼痛、発赤、腫脹など、全身性の副反応は疲労、筋痛、頭痛などがみられる場合があったという例があります。
ただし注射部位の副作用はほとんどが軽症から中程度で、3回の接種スケジュールを途中でやめてしまう程の影響はないそうです。

3.定期検診

ワクチンは子宮頸がんから多くみつかるHPV16型とHPV18型の感染を特に予防します。
しかし全ての種類の発がん性HPVの感染を予防できるわけではありません。
また、接種前に感染している発がん性HPVを排除したり、発症している子宮頸がんや病変の進行を遅らせたり治療することはできません。
ワクチンを接種された方も定期的に検診をお受けいただくことをお勧めいたします。

※接種は自費診療となります。価格やその他の詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

 

婦人科外来は原則予約制になっております。
診療に関するご予約・お問い合わせはお電話にて承っております。

ご予約・お問い合わせ
TEL 076-235-4113

アンチエイジング療法

キレーション療法
血管のアンチエイジング療法
抗酸化作用により血管を若返らせ、細胞を活性化する効果があります。

美容健康注射

美容健康注射 VieC Injection Bar
疲労回復・ストレス・アンチエイジング・美肌づくり等に効果的なビタミン注射(点滴)を行っております。

診療受付時間

【月曜日~土曜日】
午前9:15~13:00

【月曜日~金曜日】
午後14:15~18:00

※月曜日午後は内科のみの診療となります
※婦人科午後は17:00までの診療となります
※受付状況によっては早めに終了する事があります

お電話でのお問い合わせ 076-235-4114

メールでのお問い合わせ 076-235-4114

お問い合わせ

交通アクセス

〒920-0858
石川県金沢市木ノ新保町1番1号
金沢百番街 あんと 西4F

提携駐車場について アクセスマップ

藤聖会グループ施設

  • 女性クリニック We! TOYAMA
  • 医療法人社団藤聖会 八尾総合病院
  • 藤聖会グループ 老人保健施設
  • 八尾総合病院付属 神通眼科クリニック
  • 富山サイバーナイフセンター

すべての女性に知ってほしい
子宮頸がん情報サイト allwomen.jp